目の見えない人、目の見えにくい人が、
行きたい時に、行きたい場所へ
行くことができますように。

人にとって、犬は大切なパートナーです。
それは、盲導犬ユーザーであっても同じこと。

目の不自由な方が、盲導犬と歩くことで
行きたい場所へ行ける。
会いたい人に会いに行ける。
ワンちゃんも大好きな飼い主さんと
お出かけができて、とっても幸せ。

そんな普通の暮らしを、誰もが当たり前にできる
社会を
私たちは目指しています。

盲導犬の活動期間は、およそ8年。
人と盲導犬がともに歩み続けていくために、
つねに新たな盲導犬を育成して
いかなければなりません。
そして犬たちを訓練するには、
多くの時間や手間と費用が必要です。

PeroMaruでは、皆様がご購入くださった
売り上げの1%を、
公益財団法人 日本盲導犬協会に
寄付することに決めました。

人と犬をつなぐ架け橋となる盲導犬の育成を、
ささやかではありますが
支援していきたいと考えています。